クラウド会計

クラウド会計という言葉、耳慣れないですよね。
私達、税理士も数年前まで、知りませんでした。普及してきたのはここ最近ではないでしょうか?
そこでクラウド会計について、まとめてみました。

1. クラウド会計とは!?

簡単にいうとインターネットを介してサーバー上(クラウド)とパソコン間でデータをやりとりする会計ソフトのことです。これまではパソコンにインストールされた会計ソフトを起動し、会計伝票を入力、データをハードディスク内に保存するという作業手順を行っていました。それが、クラウド会計になると、ソフトの代わりに、インターネットサーバーにアクセスして会計伝票を入力、作成したデータもインターネットサーバー上に保存を行います。そのため、職場はもちろんご自宅や外出先など、WiFiなどの通信環境が整うところでは、いつでもどこでも、忙しいあなたをサポートします。今までの、会計ソフトのイメージをを持っていると少し驚きですよね。クラウド会計の特徴やメリットについては次の項目でご説明します。これからのことを考えて、クラウドでの会計環境をご検討されてはいかがでしょうか。

2. クラウド会計のメリット

パソコンが万一壊れても安心。
データはサーバーに保存されているので、突然パソコンが壊れても青ざめる心配がありません。
どこでも使える。
オフィスでも自宅でも移動中でも、どこでもログイン可能です。
タブレットやノートパソコン、あまり実用的ではありませんが、スマホからもログインできます。
Windows以外の端末にも対応
タブレットやスマホ(iPadや,iPhone、android)はもちろん、Macbookでも大丈夫です。
Macユーザーの方には特におススメです。
情報の更新
常に最新の経営データを確認することができます。
人工知能による学習システム
使うたびに人工知能が学習をするので、科目などを自動で振り分けしたり、帳簿を作成してくれるので取引内容の入力も効率的。そのため、人件費の削減にも貢献できます。
人為的ミスの軽減
銀行口座やクレジットカードのデータなどを自動で取り込み、帳簿作成するので、人為的ミスが減らせます。
データ管理の利便性
データをクラウド上に保存することで、毎回バックアップ行う煩わしさから開放されます。

3. クラウド会計のデメリット

  • 入力にタイムラグが生じ、高速入力に向かない。特に現金レシートの入力に時間がかかることがあります。※少しづつ解消されつつありますが、クラウドソフトの宿命です。これを解決する方法については、ブログで詳しく解説します。
  • 人間のチェックが必要機械が自動で作成するため、重複・整合性チェックが必要。
    簿記の知識が必要ないように作っていますが、最後は人間の力がまだ必要です。
    詳しくはこちらもブログで解説します。

4. なぜ、税理士が、クラウド会計をおススメするの?

データの消失を防げる
パソコンが壊れてもデータが消えることがないので安心です。また、WindowsだけでなくMac環境にも対応しており、自宅のパソコンやタブレット、スマートフォンからもアクセスし使用できます。
仕事とプライベートのワークバランスの改善に効果的です。
レジアプリや請求書アプリ、クレジット決済アプリ、Eコマースサービスと連携できます。仕事で作ったデータをそのまま会計データに加工でします。経理にかける時間を短縮することで、労働時間の短縮を図れます。
社長に低コストで参謀役がつく
タイムリーな経理情報を使って、上場企業並みに迅速な経営判断ができ、黒字倒産を防ぐことにもつながります。
移動時間の有効活用
移動時間などにデータを見ながら経営を考えることができ、経営戦略や様々なアイディアを生み出す時間を有効的に創出できます。

5. クラウド会計ソフトの比較

佐々木晴明税理士事務所で、使っているソフトは以下の4つです。この4つのシェアを合わせると全体のシェアの70%以上(2016年リサーチ会社調査結果)になります。迷われる場合は、まずはシェアの大きいものもオススメです。使っている人が多いほうが色々情報が入ってきます。ただし、クラウド会計のソフトは非常に開発スピードが速く、日進月歩で機能が追加されていきます。迷われる際はご相談ください。下記4つのソフトすべて使えるプロが、あなたのビジネスを伺って最適なソフトをご提案いたします。

freee(フリー)
経理初心者向きでスモールビジネスの個人事業主・法人・新規開業者にオススメのソフトです。簿記の知識のない人でもそれらしく作れます。(あくまでもそれらしくです。完全ではありません。)また、確定申告のガイド機能が素晴らしく質問に答えるだけで簡単に確定申告が作成できる点で、MFクラウド会計よりも初心者に優しいつくりになっています。ただし、操作性に個性があり、簿記の知識がある方や他の会計ソフトを使ったことのある方にとっては、使いづらいかもしれません。口座という独特の概念を使うため、会計知識があるとその知識が邪魔をして意味がわからなくなります。自分の入力したいことをネットで検索しても、複式簿記の仕訳で説明しているページがほとんどです。ですから、わからない時に自力で調べるというより、freeeに電話かチャットで質問する必要あります。税理士と契約せず独力で頑張る場合、サポートプランは高めに設定しておいたほうがはじめはいいと思います。しかしながら、請求書を作成できるサービスが無料でついてくる点がうれしいですね。最近、現金の高速入力システムが導入されました。現金レシートも高速で入力できます。最近2016年5月に値上げしました。もはやチープなソフトではなく、立派な多機能ソフトになりました。
こんな人にオススメ:簿記はわからないけれど必要に迫られている方。経理の時間短縮を図りたい方。
弥生オンライン(やよいオンライン)
多少専門用語での記載があるので、経理初心者には、はじめは少し分かりにくいかもしれません。しかし、老舗の会計ソフト会社のため、ガイダンス機能が充実 しています。そのため知識がなくても覚えるのは比較的容易です。また、freeeやMFとは異なり、銀行や口座から都度、取引記録を取ってくる方式で、 freeeやMFより煩雑ですが、情報セキュリティ面での質は高いと思います。
そんな会計ソフトシェアNo.1の弥生ですが、クラウドは後発組です。今後の開発スピードの猛追に期待したいですね。
それから、クラウドではなく通常の弥生会計ソフトを使ったことのある人は自動仕訳取込の機能である「スマート取込」のみ使ってみるのも便利です。通常の弥生会計で高速入力しながら「スマート取込」だけ活用するというのもありだと思います。現在、無料キャンペーンを展開(2017年5月現在)しており、一気にシェアを取りに来た印象があります。最近弥生レシートというスマホアプリが増えました。現金レシートを写メでとることで、自動仕訳をしようというアプリです。精度は
さほど高くありません。どんどん開発が進むと改善されていくと思います。
また、去年請求書作成アプリのmisocaを買収しました。これに伴い、misocaで請求書を作成して弥生で自動仕訳という道が出来上がりました。ただし2017年7月より新料金体制に代わるため、月額最低800円(15通まで)かかるようにかわってきています。MFクラウド請求書はスタータープラン(15通まで)が500円ですので、少し高くなった印象を受けます。
こんな人にオススメ:とにかく安く始めたい!初めは無料がいい!
MFクラウド(マネーフォワード クラウド)
家計簿ソフトのマネーフォワードと混同しやすいです。確定申告または法人会計はMFクラウド確定申告・MFクラウド会計といいます。ちょっと高いですが、高機能でコストパフォーマンスの高さでは一番上です。今まで別の会計ソフトを使ったことがある人には、一番のオススメ。現金レシートの入力も分かりやすく、レシートが月50〜200枚越える人には特に使いやすいです。最近2016年5月にfreeeが値上げをしたことにより、逆にMFクラウド会計のほうが安くなるという逆転現象が起きています。今ねらい目のソフトですよ。
こんな人にオススメ:別の会計ソフトを使ったことがある方(簿記の知識がある方)*クラウド会計の中ではクセの少ない正直なソフトです。
JDL Major(ジェーディーエル メジャー)
JDL IBEX出納帳Major2015年の秋にできたばかりの新サービスです。無料にも拘わらず、使いやすくシンプルな設計になってます。今一番私の事務所で推しているソフトはこれです。弊所とご契約の方は、画面共有できるのでやり方をやさしくお伝えすることができます。更に、詳細な分析資料がついてきます。数字の見方を税理士と一緒に勉強できるのが大きな強みです。デメリットは、複数の商材がある場合、一つ一つ別々に損益を認識できないこと(部門別管理できない)ことでしょう。あれこれ商売していない。または売上別に経費を分析する必要のない方はこちらで十分です。
こんな人にオススメ:とにかく完全無料がいい!サポートなしでも大丈夫! (弊所でご契約されているお客様は遠慮なく操作方法を聞いてください。) 

6.クラウド会計以外の選択肢もご用意してあります。

クラウド会計はものすごく便利です。しかし、人によっては、ネットがあまり得意でない方、パソコンにアレルギーのある方もいらっしゃると思います。そこで弊所は、他にも3つの選択肢をご用意しております。

①JDL Bookkeeper

弊所のお客様には、無償貸与いたします。エクセルよりも便利で、間違いがないソフトです。

bk-top01

②JDL 出納長net

月380円の低価格!一年でも4,560円驚きの低価格。しかも、経営分析できる機能がついてきます。

いくつかの商売(部門別会計)をされている方は、商売別に経営分析ができるので、オススメです。

こんな方にオススメ:いくつか商売をしているがそれぞれの経営状態を分析したい。値段と機能のコスパが高いソフトです。

ab-net-top01

③弥生会計・弥生の青色申告

マウス操作で直感的にできるので、日本で一番シェアの多いソフトです。大手の電気店でも必ずおいてあるので目にする機会が多いです。法人用42,000円前後。個人用一三〇〇〇円前後。弊所の割引を使うと少しだけ安くなります。

index-package-02

税理士佐々木晴明のブログはコチラ

このページの先頭へ