創業間もない方の融資は、日本政策公庫がハードルが低い

暑くなってきました。埼玉県川越市で税理士をしています、佐々木です。

今日は、創業したての方がお金を借りることについて、記事にしたいと思います。前年から新型コロナウイルスの影響で、いろいろな融資メニューが増えましたし、面談も電話のみで終わりということも多くなりましたが、基本中の基本についてまとめてみたいと思います。

日本政策金融公庫 国民生活事業で借入が初心者向け

普通の金融機関に話をすると、通常保証協会メニューを勧められるので、知らない人もおおいのでは、ないでしょうか?

日本政策金融公庫は、昔は国民生活金融公庫?という名前だったと思います。通称である国金(コッキン)という愛称を覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

政府系金融機関として、一部では有名なのですがあんまりなじみがないので、普通の方は???という方が多いです。

政府系金融機関として、国民生活(中小零細企業・個人事業を含む。)を助けるという政策的見地がありますので、融資基準が保証協会よりもハードルが低めで求めやすいという特徴があります。

 

創業融資はズバリ、一番ハードル低め

通常融資を受ける場合、過去の経営成績7割・会社と社長の将来性3割 でチェックするといわれています。

創業の時は、過去の経営成績がまだほとんどでていないことが多いです。創業からおおむね6か月を経過している場合には、経営成績を出してくださいと依頼をされますが、始めたばかりですと経営成績がまだないので、会社の将来性と社長の人柄で判断される率が高いです。

 

 

会社の将来性と社長の人柄を判断する基準とは

なぜ事業を始めるのか?

会社員時代に全く経験のないこと、あるいは夢が先行してほとんど下積みの経験をしないままに創業している人も見受けられます。

最低5年のキャリアがあると業界が分かっていると融資担当は思い安心します。

創業理由から準備期間がどれだけとあるかということも手元資金として、貯金を見られます。少なくとも6か月前から(できれば2年以上前から)こつこつ夢に向かって貯金している跡があることが望ましいです。

 

 

無理のない利益計画をちゃんと立てているか?

はじめの1年で社長の生活費まで考えたうえで黒字化できるほど成長率のいい事業は稀です。2~3期目で黒字化することも多いため、地に足の着いた利益計画を立てることができるかを見ています。

 

 

 

何にいくら使うか計画をつくれるか?

借りたお金の使い道を説明できるかがここのポイントになります。

 

 

携帯料金・公共料金・税金の滞納・遅延がないか?

担当によってですが、公共料金の支払いや税金の滞納などでお金にルーズな人でないかをチェックする人もいます。

 

面談当日は、できればスーツ・きれいなかっこうで

面談に行くときに、ちゃんとした格好をしているかどうかも心証を左右します。装飾品などはできだけ避けて心証をアップさせましょう。

 

自分の事業をプレゼンできる資料をもっていこう

もし可能であればパワーポイントで事業計画をプレゼンできる資料をもっていきましょう。

図や写真・数字がそろった資料をもって、自分の言葉で説明できると心証がすごくよくなります。

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ