コロナウイルス感染拡大防止に向けての6個の取り組み

川越で税理士事務所を経営しています。佐々木です。

最近は、また新型コロナウイルスの件、で世間が不穏になってきたことを受け、佐々木事務所としての感染防止対策6つについて説明します。

前年春段階的に取り組んできていることを公開します。

職業柄、オンラインだけでは対応できないことも多いため、御来所いただくこともあります。

佐々木事務所にお越しになる方々が少しでも安心いただけるよう努めてまいります。

 

 

 

1 従業員の毎朝の検温・消毒

事務所に出勤時に検温し、入り口にある消毒薬で手を消毒してから事務所に入ります。

 

2 毎朝の消毒・来客ブースのアクリル板での遮蔽

毎朝、ドア・机・電話・キーボードなどの消毒をします。

加えて2月からは来客毎の来客ブースの消毒を始めます。

 

3 トイレの消毒

トイレから感染が広がる例もあるとのことでしたので、2月から来客毎に便座・とってを消毒します。

4 空気清浄機の設置

7月に空気清浄機能付きのエアコンを購入。他空気清浄機2台及びサーキュレーターも稼働しています。

5 湿度の維持

乾燥することによって、感染拡大をするため空気清浄機または、やかんのお湯によって湿度を維持することに努めます。(現在は冬季のため、やかんですが、夏はダイソンの空気清浄機とサーキュレーターに変わります。)

6 換気の徹底

ほんの少し窓の隙間をあけることで換気を常に行います。

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ