ScanSnap(スキャンスナップ)で経理を自動化する方法 1 スキャンスナップってなに?

こんにちは。埼玉県川越市

でクラウド会計に強い税理士の佐々木事務所です。

スキャンスナップはどんなもの?

富士通が開発したスキャナーです。様々なものをPDFにすることができます。

私は主に、領収書をスキャンして、クラウド会計(freee,MFクラウド会計,弥生会計オンライン,JDL Major)にデータを飛ばす目的で買いました。もっと経理の自動化を進めています。

スキャンスナップはどのモデルを選択すればいいの?

スキャンスナップは最新のものだとWi-Fiモデルがあります。しかし、旧モデルでも有線でつなげばデータをやり取りできるため、特にこだわりがなければ、旧モデルでも問題なく使えます。私は読込速度重視でS1300iを購入しました。クラウドサービスを利用しないのであれば、パソコンで読み込んでデータをクラウド会計上にアップロードすればことが足ります。費用として12,000円から60,000円くらいまであります。まずは10,000円から20,000円のモデルを購入すれば十分だと思います。

 

スキャンスナップ 紹介ムービー

dsc_0451

ScanSnap S1300i

dsc_0462
500mlペットボトルより少し大きいくらいのサイズです

銀色のふたをあけ、原稿さしを伸ばすとこんな形になります。

銀色のふたをあけ、原稿さしを伸ばすとこんな形になります。

コメントを残す

このページの先頭へ